• [投票期間] 2009/01/30 〜 無期限
  • [投票数] 92票
■裁断関連(ハサミ・カッター(cm)マットなど・・)
オルファのロータリーカッター45mm 大人用などの生地の裁断に使います。とてもよく切れます。子供用や細かい部分の時はクロバーのロータリーカッター28mmと使い分けてます。ハサミで切ってた頃より正確に裁断できますので買って良かったと思ってます 
ロータリーカッターと一緒に買いました、サイズに迷ったけど大きめのもの2枚購入で正解です。クロバーのカッティングマット「特大60」。一枚で子供用や小物を裁断できるけど大人物だったら2枚繋げて使ってます。使用後のカッターの切れ目も特に目立つことはないです
オルファのカッターマットA1サイズ。62cm×90cm1枚でも十分ですが2枚並べてると大人物でも完璧!
クローバー CAPO170PW 布専用はさみ 刃にギザギザがついてて布が滑らずきっちり切れる値段・大きさ・軽さも手ごろです。
ロータリーカッターの下敷きに、100均の料理用の薄いまな板を使っています。板に傷はつくけれど、小さいパッチワーク用に生地を切るときには便利ですよ。探せば、目盛り入りの物もありますよ。
私もオルファのカッターマットA1サイズ。マスのある大きなマットは便利です。刃のすべりがクローバーと少し違って食いつきがいい。
こっちで良かったでしょうか?オルファのロータリーカッターに縫い代ガイドがとっても便利です。縫い代線を記入せずに裁断できるので楽チンです。
↑詳細です。品番RTY-GUIDE 海外仕様です。私が購入したのはユザワヤのレザー関係の道具のところにありました。で買いました
クライムキさんのカットボード。55cm×85cmで大きくお値段もはりますが、少ないソーイング時間を有効に使えます。子供服ならばずらす必要がないのが有り難いです。ウエイトも長い間缶詰を代用してましたが専用のが専用のものを購入したらとってもGOOD。早く買えば良かったなぁ〜。
オルファのロータリーカッター 裁断が楽になって時間短縮できました。
OLFA カッターマット A1サイズとメンディングテープ。 カッターマットにテープで布を貼り付けて採寸したり、裁断したりしてます。
■紙媒体(転写用など)
紙ではありませんが、パターンを写す時は不織布
↑のらせてください! 私も不織布の5センチ方眼入りで型紙写しが苦にならなくなりました!!
↑私もバイリーンの型紙用不織布がおすすめです。もう手放せません。
コピクイーンを使っていましたが、アウトレットアブリクスさんの不織布にしてからお気に入りのパターンもボロボロにならずに何回も使えるのでgood!
不織布★音がうるさくなく、しわくちゃにならなくてGood!非常に写しやすいところも気に入ってます。
アウトレットアブリクスさんの不織布に同感です。これしか使っていません。
↑「アウトレットファブリックス」でした。
不織布です。皆さんと同じ。ロールで購入して使ってます。間違った線は消し図らいけど・・・何度も使えて、手放せません。
↑私も〜不織布ロール買いです!収納は紙よりも少しかさばるけど何度使っても破れる心配がないので手放せません!
私も不織布には同感です!!私はココナツムーンさんで見つけました♪お値段も安かったですよ
アップリケやフェルト、ぬいぐるみのパーツなどは、クリアファイルで型紙を作っています。ファイルを開き、図案の上に置いて油性ペンでなぞります。何度使ってもへたらないので便利です。
これは好みでしょうけれど、、私は不織布も使いましたが、ちょっとのびるような感じなのと、はさみでシャキシャキきれいに切れないのが使いづらく、結局「筋入りハトロン紙」を愛用しています。
■針(針や通す物など)
100均で売っていた糸を通す部分に切れ目(?)がある針。
↑ごめんなさい、途中で送信していまいました。ロックミシンの糸始末の時に上からグっと糸を通すだけなので毛糸針よりずっと簡単です。
↑私もロックミシンの糸始末に使ってます。100円ショップで「便利針」って名前だったかな?
ゴム通し器
↑すみません。。。クライムキさんのサイトで販売されているゴム通しが、細いゴムを通すときには一番使いやすかったです。
■書くもの・印付け(ペン等・・)
カリスマシャープペンシル
セリア(100均)に売ってる『水で消えるペン』 すごく便利です!
すぐに消えてもいいときは、チャコエース。残ってて欲しい時は、カリスマシャープペンシル。シャーペンの方は最近買ったのですが、細い線がきれいに出るので出番多し。
粉で出るチャコ。チャコペンよりも書き味が滑らかで細く美しい線をひくことが出来ます。間違えて消す時もサッサッと消せて凄く重宝してます。
粉チャコ★歯車の回転によって粉状のチャコがでてきます。カーブや直線もスムーズで長い線をひくときに便利。
カリスマです。類似品よりお高いですが、きれいに細く印がつけられるので、もっと早く買えばよかった〜と思うほどです。
昔ながらの赤のボールペン。裁断の時は切り落とすので後で消す必要なし。
パイロットのフリクションシリーズ。 蛍光ペンもありますが、私はいろえんぴつが好き。 色も豊富だし、ペン先0.7なので細い線も書けます。 60℃以上になるとインキが無色になるので、アイロンで消せます。 型紙を写し取る時など便利です。 試しにやってみたら布でも使えました‥けどあくまでも自己責任ということで‥(^^;)
■計る(計測関係)
アイロン定規。絶対手放せません。
クローバーの50cm定規。バイアスの線も入っているので、バイアステープを作る時にも便利。透明なので、縫い代なしの型紙の縫い代をつける時に便利。
アイロン定規。ケチって厚紙で代用していましたが購入。高いものではないのでさっさと購入すればよかった。手放せません。
私も↑すみません。。。クライムキさんのサイトで購入できる細いゴムを通すときのゴム通しは使いやすいです。
アイロン定規★クローバーのもの。裾の折り曲げなど簡単に正確にできます。見た目はショボイですが、強度はばっちりです。
クロバーソーイングゲージ。裾あげや、縫い代を計るときなど、手元に置いておくとなにかと重宝。
竹製の20cmのものさし。アイロン定規も使ってみましたが、やはり私はこれが一番。
アイロン定規。 今まで厚紙で作ったものを使ってましたが、全然違う。 もっと早く買えばよかった〜と思いました。
■アイロン関係
人体型のアイロン台。立ってアイロンがけができるタイプを購入しました。平面ではむずかしい部分も突起?部分でちゃんとアイロンがあたるようになりました。道具って大切ですね〜。お気に入りの道具があるだけでグンとソーイングの時間が楽しくなりますね。
だぶってしまいますが、私もバイリーンのMFアイロン両面接着テープが絶対切らせません。家庭用ミシンしかないのですが(20年前の押さえの調節が出来ないパワーのないミシンです。)縫い合わせる所は全てこちらのテープで接着してから縫うと全くずれず、不可能だった厚物やシフォンなどの薄物も何のことなく縫えるようになりました。ゴミが出るし一手間掛かりますが仕上がりは上々です^^
バキューム式アイロン台ベビープレッサー801型 芯地もムラなく綺麗に貼れる様になったしスチームアイロンをかけるのも苦なくスムーズにかけられるようになってブラウスなどもすべてこのアイロン台を使用している
水筆です。アイロン定規を使う時に使用してます
■その他
ミシンのテフロン押さえ。ビニコ生地が好きで、以前はシートをはさんだり、苦労しましたが、今ではすいすいストレスなく縫えます。早く買えばよかった。
クローバーのボールポイント目打ち。袖つけの時にこの目打ちで生地を送りながらミシンをかけると余計なシワが寄らず綺麗に袖つけが出来ますよ
バイリーンテープ 5ミリ×50m アイロン接着テープです。ファスナーを付け、パッチポケット付けなど待ち針よりきれいに仕上がります
↑すみません。クルーバーの水溶性両面テープ です。ちょっと値段は高めですが、小さくて待ち針が打てないもの、ポケットの仮貼りなどに便利です。
文鎮。以前は缶詰で代用してましたが、専用の文鎮を買ったらすごく効率がUPしました。丸型で重ねられるのが便利。5つ重ねて、百均の縦長の丸いタッパーに収納しています。
バイアステープメーカーがあるととっても簡単にバイアステープができて便利です
色々な幅があるけれど私はクロバー/テープメーカー/25mm幅を愛用してます。作るのも楽しいですしとにかくあると便利です。
ミシンの押さえ「送りジョーズ」上側にも送り歯がついていてずれにくいです
ミシンの押さえ「送りジョーズ」上側にも送り歯がついていてずれにくいです
熱で接着する両面テープ★しつけより楽でズレがない!
熱接着糸(メルター)です。以前は両面接着テープを使っていたのですが、ゴミが出るし、2度手間でした。私には熱接着糸のほうが使いやすかったです。
↑折り伏せ縫いや、袖口、裾の三つ折りなど
河口の仮止め用布用ペンタイプのり。アイロン接着テープと同じように使えます。きっちりつかないので、まち針でなくちょっとおさえておきたい時、アイロンで押えにくい所を仮止めしておくのにさっと使えて便利です。
クロバーの水溶性両面テープを私も愛用しています。
ペットボトルのキャップで作ったピンクッションは、小さくて持ち運びやすくて重宝。1つは両面テープでミシンに貼り付け、はずしていったまち針を刺しています。
回転式穴あけパンチ。フェルトで目を作るとき、きれいに円が抜き取れます。(サイズもいろいろ変えられる。)他に、紙や革などの穴開けにも便利。
*ボビンキャッチャー*河口鰍フものを使用しています。ボビンがばらばらにならないし、色も間違えないしとっても便利です。
ミシン(ブラザー)の「まつりぬい押え」。ステッチ定規として使っています。押さえ金の後ろに取り付けるステッチ定規も持っていますが、こちらはガイドが際からはずれたりしてうまく使いこなせていません。
スナップボタンを付けるときの道具でマルチプライヤー。慣れるまで少し大変だけど仕上がりはとても綺麗でトンカチするより便利だとおもいます
Pique ピケ ほつれ止め レースの端や、ほつれやすい生地を扱う時、ありとあらゆるところで使っています。
私も、メルター熱接着糸 使っています。バイアステープでなく、綿テープなどの、二つ折りにして布端を包む時、始めにこの糸でくっつけておくと、すごく便利です。針でザクザク縫って、アイロンでくっつけてます。
バイアス用テープメーカー。50mmのテープメーカーはグラウニーバッグなどの持ち手に最適です。
布やレースのほつれ止めに、100均の透明マニキュアを。つける時に臭いがきついですが、すぐに乾くし、手を汚さずさっと塗れるので便利です。
河口のボビンキャッチャー。同じ色目の下糸探しに時間がかかっていたのが嘘のよう。
■代用品(●●の変わりにこれを・・など便利な使い方など)
おまけでもらったリバティやC&Sさんのハガキをアイロン定規にしてます。ただのハガキを使うより楽しいかと思って。(ものによってはインクがついてしまうので注意です)
「ボタンのみ」の代わりに「オルファ アートナイフプロ」 の平刃を使っています。デザインナイフと同じ形状ですから、消しゴムはんこや細かい作業など他の用途にも使えます。
代用というか型紙をとるときは100均の「模造紙8枚入り(薄口)」を使用。厚口では型紙が見えないので絶対薄口を購入してます
足首に巻くウェイト★文鎮がわりに!適度な重さ、丸めたり広げたりとフレキシブルにつかえる形がお気に入りです。丸い文鎮と併用しています。裏の滑り止めもズレ防止に役立っています。
パターンを写すときに、ディスカウントストアの園芸コーナーにある、1m@20円くらいの薄手の不織布を使っています。よく透けて写しやすく、手芸用のものより、がさばらないです。巾幅も150〜180cmはあります。
平ゴムやテープ類が巻かれている厚紙の台紙を厚い布や重なり部分を縫うときに押さえが水平になるように押さえの後ろはさみます。縫い始めが特に効果的。手芸ナカムラさんの台紙を何枚かミシンの脇に置いてます。
家庭用ミシンを使っているので工業用の糸を使うときに「糸たて」として「バナナスタンド」を使っています。たまたま家にあったので使ってみたらgood!もちろん普段はバナナをつるしています(笑)
クロバーしるし付け用品トレーサー。図案を写すために購入したものですが、目打ち代わりに使っています。ミシンで布を送る時、布をひっくり返す時。先がつぶれることもなく、あたりがやわらかいので気に入っています。
ソーイングクリップの代わりに、100均の事務用クリップ(1番小さいもの)を使っています。
カッターマットの代わりに、ホームセンターで売っている、ビニールの透明なテーブルマットを愛用してます。
接着芯を貼る時にアイロン台にクッキングペーパーを敷いてます。接着面を貼り付けてもきれいに剥がせるのでアイロン台にくっつくのを気にしなくていいです☆
↑すみません。。。クッキングシートでした。
↑すみません。。。クッキングシートでした。
チャコのかわりに、鉛筆を使っています。接着芯に印付けをする時は、6Bなど、濃いものが描き易いです

[戻る]