• [投票期間] 2008/03/09 〜 2008/03/16
  • [投票数] 61票
データの信頼性が損なわれるため、原則即時交付は行うべきではないが、被保険者からの求めがあればやむをえない
37.7% (23票/37.7%)
データの信頼性が担保されるようになるまで、即時交付は行うべきではない
24.6% (15票/24.6%)
データの信頼性が担保されても、誤交付のリスクや入力の負担がある限り、即時交付を行うべきではない
19.7% (12票/19.7%)
データの信頼性が失われても、サービスの質を確保するため原則即時交付とすべき
18.0% (11票/18.0%)

[戻る]